陸上の桐生「優勝目指して走る」

共同通信

 国立競技場で行われる陸上のセイコー・ゴールデングランプリに出場する有力選手が開催前日の22日、オンラインで記者会見し、男子100メートルで前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)は「中盤から後半で自分の走りができれば、いい結果が付いてくると思う。優勝を目指して走りたい」と意気込みを語った。

 来夏の東京五輪の舞台となる国立競技場では今回が初の本格的な陸上競技会。桐生は「思い出が残るような走りをしたい」と話し、10秒00の自己記録を持ち約1年3カ月ぶりのレース出場となる山県亮太(セイコー)は「来年の五輪のイメージトレーニングにつなげたい」と述べた。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング