関ジャニ∞最新シングル、31作連続の1位獲得 シングル連続1位獲得数記録が歴代単独5位に【オリコンランキング】

オリコン

 人気グループ・関ジャニ∞の最新シングル「Re:LIVE」が、前作「友よ」の初週売上26.0万枚を上回る、初週32.6万枚を売り上げ、8月25日発表の最新「オリコン週間シングルランキング」で初登場1位を獲得した。

【一覧】関ジャニ∞作品一覧

 この結果、「Wonderful World!!」(2010年6月発売)から31作連続の1位となり【※1】、Mr.Childrenと並び歴代5位タイだった「シングル連続1位獲得数」記録が歴代単独5位【※2】に。歴代5位【※3】の「シングル通算1位獲得数」記録は、39作に更新した【※1】。なお、初週売上が30万枚を上回るのは、「キング オブ 男!」(2014年2月発売)以来、6年6ヵ月ぶり、自身4作目となる。

 本作は、新型コロナウイルス感染症が流行し、12年ぶりの47都道府県ツアー中断となった関ジャニ∞が、会えない時だからこそファンである“エイター”との「絆」や「繋がり」をテーマに、共に作成した楽曲。1番の歌詞を関ジャニ∞が作り、2番の歌詞はエイターから言葉を募集。ファンとの絆から生まれたEight(関ジャニ∞) × Eighter(ファン)作詞のメモリアルな楽曲となっている。

 関ジャニ∞は「『Re:LIVE』は、さまざまな我慢が続く日々の中で、これまでのいろんな苦難や逆境を乗り越えてきた仲間であるファンの皆様と共に歌詞を紡いだ、大切な一曲です。たくさんの時間を費やし、たくさんの想いを込めて作り上げました」とコメント。

 ミュージックビデオは、歌詞が映る大型スクリーンを前にした歌唱シーンや、壁一面に張り出された付せんから、メンバーが歌詞にする言葉を選ぶシーンが印象的な仕上がりとなっている。

 なお本作は、大阪観光局の展開する『がんばろう日本! We are OSAKA』のテーマ曲、さまざまな企業とメディアがひとつになり関西からスタートした活動「#イマデキ」のテレビCMソングに決定された。

【※1】いずれもエイトレンジャー名義作品を含む
【※2】「シングル連続1位獲得数」1位:B’z(49作)、2位:嵐(47作)、3位:AKB48(44作)、4位:KinKi Kids(42作)
【※3】「シングル通算1位獲得数」1位:嵐(54作)、2位:B’z(49作)、3位:AKB48(44作)、4位:KinKi Kids(42作)
<クレジット:オリコン調べ(8/31付:集計期間:8月17日~8月23日)>

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング