大関貴景勝、左膝は順調に回復

共同通信

 左膝の負傷で大相撲7月場所を途中休場した大関貴景勝が25日、報道陣の電話取材に応じ、順調な回復ぶりを報告した。1週間ほど前からぶつかり稽古を再開し、秋場所(9月13日初日・両国国技館)の出場に支障はないという。「万全。不安なくいけると思う。地位が地位なので、優勝しないと」と力強く語った。

 7月場所は勝ち越してかど番脱出を決めた翌12日目から休んだ。逆転優勝の可能性を残していたが「しっかり治して来場所に懸けようという感じだった」と重傷となる危機を回避する方針だったと説明。復調に手応えを感じ、近日中にも相撲を取り始める意向を示した。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング