秋場所開催へ31日に理事会

共同通信

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は25日、大相撲秋場所(9月13日初日・両国国技館)の開催を協議する臨時理事会を31日に開くと発表した。秋場所は開催の方針で、新型コロナウイルス感染対策で上限約2500人の観客を入れた7月場所とほぼ同じ形式での運営が見込まれている。

 芝田山部長は感染症の専門家の見解を踏まえ「前回(7月場所)と変わらない状況で行うしか仕方ないのかなと思う。いろんなことが理事会で決定する」と述べた。

 30日には専門家を招き、親方、力士ら協会員全員に部屋関係者を合わせた約千人を対象とした新型コロナ感染予防の講習会を国技館で開く。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング