宇野昌磨、本田圭佑のラジオに出演 『スマブラ』から五輪まで、幅広いテーマでトーク

オリコン

 フィギュアスケート選手の宇野昌磨が、27日に放送されるニッポン放送の特別番組『本田圭佑 NowVoice』(後1:00)にゲスト出演することが決定した。今回、ラジオパーソナリティーに初挑戦する本田圭佑は、現在ブラジルでシーズン中であるため、ブラジルからリモートでの収録を実施。宇野とは初対面ということもあり、初のラジオでのホスト役として緊張気味の本田だったが、トップアスリート同士、意気投合した収録となった。

【動画】6人連続対談でNowVoiceを語り尽くす特別対談ダイジェスト

 本田はブラジルから、宇野は愛知から、アシスタントを務める同局の東島衣里アナウンサーは東京からと、3地点をZoomでつないでリモート収録を敢行。本田は、宇野とは初対面ということもあり、緊張気味ではあったが、冒頭に宇野の趣味であるゲームの話で一気に打ち解けると、兄弟や家族の話、「負けず嫌い」のお互いの見解、オリンピックなど、さまざまな話題でトークを繰り広げた。

 収録が始まり、トップアスリート同士の初対談の第一声、誰もがどんな質問を選択するかと思っている中、本田が放った「宇野さんはゲームが趣味で、特に『スマッシュブラザーズ』と聞いたんですけど、今もやっているんですか?」という予想もつかない質問で幕開け。宇野は、意表を突かれながらも。自分の得意ジャンルの話題で緊張が解け、本田もゲーマーであることを明かすと、今度はスマホゲームで「一緒にやりましょう!」というところまで一気に距離が縮まった。

 トップアスリート同士ということもあり、食事が大事なはずなのに宇野が大の野菜嫌いである話から、宇野の母への感謝を引き出すなど順調にゲストトークを進行する本田が、一番聞きたかったのは、オリンピックについて。宇野は「フィギュア界にとっては、オリンピックが最高峰の舞台。自分としては、オリンピックに向けてというよりも、目の前の練習・試合を良くすることを考えている。その1日1日の積み重ねが、オリンピックにつながって、そのオリンピックの舞台でも『きょうを頑張る』という気持ち」と話した。

 本田は、その考え方の背景にも切り込んで質問し、宇野の親の教育が「すばらしい」と賛辞。まだまだ話し足りない中で対談の収録が終わりの時間を迎えると、本田は「今度は『NowVoice』か、またはこのラジオが奇跡的に続いていれば、またゲストしてお迎えして話せることを楽しみにしてます」と結んだ。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング