サッカー、J1鳥栖が活動再開

共同通信

 選手、スタッフら12人が新型コロナに感染したサッカーJ1の鳥栖が26日、佐賀県鳥栖市内で練習を非公開で再開し、オンライン取材に応じた小林祐三主将は「医療従事者を含め、ピッチに立てる環境をつくってくれたことに感謝したい」と話した。

 10日の金明輝監督に続き選手、スタッフ9人の感染が確認され、Jリーグ初の集団感染が発生。その後も2人の感染者が見つかった。活動を休止していたチームは、24日のPCR検査で感染者以外の全員が陰性と判定された。

 金監督らは当面、自宅隔離となる。リーグ戦は4試合が延期されており、9月5日のホームでの横浜FC戦から再び参戦する見通し。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング