YOSHIKI、緊急会見で10分以上“ご立腹” 30分も配信機材前で待ちぼうけ

オリコン

 X JAPANのリーダー・YOSHIKIが27日、米・ロサンゼルスから自身初のオンラインでの緊急会見を開催。アメリカのシンガー・ソングライターのセイント・ヴィンセントとコラボした楽曲を、あす28日に急きょリリースすることを発表した。

【貴重写真】奇抜過ぎるメイクと髪型!デビュー初期のYOSHIKIとHIDE

 この日、トラブルで開始が遅れ「頭に来て、集中できないかも。忙しいのに。申し訳ない気持ちでいっぱいです」と怒りと謝罪からという異例のスタートとなった。YOSHIKI自身は会見の開始時間には配信機材に座っていたが、スタッフがYOSHIKIのアカウントを見つけ出すことができなかったことが原因。30分にわたって待ちぼうけをくらったYOSHIKIは「きょうは絶対にオンタイムで始めるって準備も万端だったのに」と、唇をかみ締めていた。この日にかける思いが強く、10分以上にわたって怒りは収まらなかった。

 また、近況も報告。「約6ヶ月間、1人です」とぽつり。仕事も新型コロナウイルスの検査をしている人としかしていないことを明かした。私生活も同様。「僕、1人で住んでいる。(6ヶ月にわたって)朝食、昼食、夕食と誰とも食事をしてないです。結構、寂しい生活です」と万全の対策を期していることを口にしていた。

 セイント・ヴィンセントとのコラボ楽曲は、各国の28日、午前0時から始まる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング