ウッチャンナンチャン、内海桂子さん追悼 内村「あの笑顔を忘れません」 南原「残念でなりません」

オリコン

 漫才師・内海桂子さんが22日に97歳で亡くなったことを受け、同じ所属事務所のお笑いコンビ、ウッチャンナンチャンが28日、事務所の公式サイトで追悼コメントを発表した。

【写真】愛された師匠…内海桂子さんの最後のツイートには追悼のコメントが続々

 女流漫才の草分け的存在であると同時に、同じ事務所のウッチャンナンチャンやナイツなど後進の育成にも尽力した内海さん。ナイツとは一緒にメディア出演することも多く、小気味よいやり取りで場を沸かせる姿はすっかりおなじみだった。

 内村は「突然の訃報にとても 驚いています。お会いする度 未熟な私にもいつも優しく寛大に接してくださいました」と振り返り「あの笑顔を忘れません」としのんだ。南原は「デビュー前の頃、桂子師匠を見て芸人としての生き方、厳しさを学ばせていただきました」と感謝し「舞台で三味線を弾き、歌い笑う、ありし日のお姿を偲びつつ、心よりご冥福をお祈り申し上げます」と追悼した。

■コメントは以下の通り
内村光良
突然の訃報に
とても 驚いています。
お会いする度 未熟な私にもいつも優しく寛大に接してくださいました。
あの笑顔を忘れません。
師匠、本当にありがとうございました。
心より ご冥福をお祈り申し上げます。

【南原清隆】
デビュー前の頃、桂子師匠を見て芸人としての生き方、厳しさを学ばせていただきました。
これからも長生きされて色々な事を教わりたかったのに残念でなりません。
舞台で三味線を弾き、歌い笑う、ありし日のお姿を偲びつつ、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング