中島健人&平野紫耀 “バディ崩壊”の危機? 『未満警察』で大ピンチ

オリコン

 人気グループ・Sexy Zoneの中島健人とKing & Princeの平野紫耀がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(毎週土曜 後10:00)第9話ではこれまでともに事件を追いかけてきた快(中島)と次郎(平野)の“警察未満”のバディに崩壊の危機が訪れる。

【動画】青木源太アナが解説 『未満警察徹底ガイド』

 第8話のラストでは、快と次郎が寮の部屋の窓に描かれた「スコップ男事件から手を引け」というメッセージを発見し、外にいた不審人物を追いかけると、その正体は音信不通になっていた柳田刑事(原田泰造)だった。そして、快と次郎の同期・橘冬美(大幡しえり)が「私、知ってるんだ、スコップ男の正体。だからその人に会って本当かどうか確かめたいの」と、電話に向かって語った。

 第9話では、冬美が電話で話していた元同期の野原さやか(竹内愛紗)が警察学校にやってくる。さやかから、冬美が事件の証拠を持っていて、スコップ男に会いに行くと聞いた快と次郎は、学校を抜け出し冬美のもとに駆け付ける。しかしそこで、警察学校立てこもり事件の時に次郎を襲撃した刑事の砂岡(山根和馬)たちがまたも襲いかかり、快がおとりになって証拠を持つ冬美と次郎を逃がそうとするが、2人の前には不穏な言動を繰り返す柳田が現れる…。

 そんななか、冬美から託された事件の証拠を見た次郎は、その内容を隠し、相棒の快に初めてウソをついてしまう。「俺にはウソをつかないでほしい」と訴える快だが、それを拒絶する次郎。口論は、殴り合いのけんかに発展。様々な事件を一緒に乗り越え、お互いを信じ合い最高のバディに成長してきたはずの快と次郎が大ピンチに陥る。柳田の行動の真意、冬美が持っていた証拠、警察が隠そうとした真実など、いよいよ物語はクライマックスへ突入する。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング