巨3―2中(30日)

共同通信

 巨人が逃げ切った。一回に松原の犠飛と丸の2点適時打で3点を先制。直江は四回途中まで1失点で降板。その後は6投手の継投でしのぎ、大江が2勝目を挙げた。中日は勝野が6回3失点と粘り、打線も追い上げたが及ばなかった。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング