さくらまや、事務所退社し独立 コロナ禍で「気づけば『無職』」も…「逆境に負けず」

オリコン

 歌手のさくらまや(22)が1日、所属していたシンエイVを退社し個人事務所「さくらまやプロダクション」を立ち上げたことを発表した。

【写真】紅白にも出場…当時11歳のさくらまや

 さくらは「いつも大変お世話になっております。さくらまやと申します。この度、所属事務所『シンエイV株式会社』との専属契約を終了し、個人でプロダクションを立ち上げ活動していく運びとなりましたことをご報告いたします」と発表。

 経緯について「新型コロナウイルスの影響を受け、気づけば『無職』に。この先どうしたら――と途方に暮れましたが、逆境に負けず歌を続けていきたいと決意し、家族や知人の力を借りてプロダクションを立ち上げました」と説明した。

 続けて「2008年の『大漁まつり』でのデビュー以来、10年以上お世話になりましたファンの皆様、メディアの皆様、そしてシンエイV株式会社にも恩返しできるよう精進していく所存です」とし、「新型コロナウイルスの感染拡大で、暗いニュースや悲しいことが増えています。演歌、童謡、ポップス、アニメソング。たくさんの歌と音楽で皆様に元気を届けていきたいです」と決意を示している。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング