紗栄子、牧場&ショッピング会社の社長業に奮闘 坂上忍にネット中傷への思い吐露

オリコン

 モデルで女優の紗栄子(33)が、3日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜 後9:00)に出演。先月「Think FUTURE」(シンク・フューチャー)という会社の社長に就任し、新たなスタートを切った紗栄子に、坂上忍が迫る。

【番組カット】観光牧場ビジネスを手がける紗栄子

 紗栄子が新たに観光牧場ビジネスを始めたのは、栃木県・那須。麦わら帽子に長靴姿で、東京ドーム11個分の広さの牧場運営をしている。19頭の馬の管理をはじめ、牧草の販売、牧場に併設予定のカフェやレストランなどの飲食事業、さらには人材登用まで、その作業は多岐に及ぶ。番組では、牧場の従業員たちに突然、芸能人が社長になったことについてインタビューを行い、本音を聞き出す。

 別日、紗栄子は、東京で宝石や貴金属製品の輸出入・製造を手がける会社で、ジュエリーの新商品開発に関する打ち合わせをしていた。紗栄子の新会社は、観光牧場ビジネスのほかにも、新たなショッピングサイトを立ち上げ、開発した商品の販売も手がけている。観光牧場ビジネスやショッピングサイト運営において、紗栄子はタレントとしての顔とは全く異なるビジネスパーソンとしての顔を見せる。

 これは、10代の頃に行っていた副業の経験が大きく影響しているそうで、紗栄子は芸能人になるため、親の反対を押し切り、上京したものの、収入は少なく東京で暮らしていくことに限界を感じていたところ、ある副業を見出したと明かす。2012年にアスリートと離婚、シングルマザーとしての道を選択した紗栄子だったが、離婚成立前から「月1000万円の養育費を要求した」などのデマが拡散。それ以降もロンドンへの移住、被災地などへの支援活動など、何か行動を起こすたびにネット上で容赦なく叩かれてきた。

 そうした報道に対して、これまで口を閉ざしてきた紗栄子が、坂上との対談で初めて当時の思いを余すところなく語り尽くす。何をやっても誹謗(ひぼう)中傷を受けてきた紗栄子は、どのようにして激しいバッシングと向き合ってきたのか。そして、現在12歳と10歳の2人の息子たちに対する思い、さらに「結婚は諦めていない」と語る紗栄子が、初めて現在のプライベートを告白する。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング