男子ゴルフ、松山は14位に後退

共同通信

 【アトランタ共同】米男子ゴルフの今季最終戦、ツアー選手権は4日、アトランタのイーストレークGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、今季ここまでのポイントを反映し4アンダーの10位からスタートした松山英樹は2バーディー、2ボギーの70で回り、通算4アンダーで14位に後退した。首位とは9打差。

 ダスティン・ジョンソン(米国)とジョン・ラーム(スペイン)が通算13アンダーでトップに並び、2打差の3位にジャスティン・トーマス(米国)、9アンダーの4位に2季連続3度目の優勝を狙うロリー・マキロイ(英国)がつけた。

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング