山田2度目記念制覇 開設年記念 【向日町】

友好紙

 向日町競輪(京都府向日市)のG3開設70周年記念「平安賞」は最終日の6日、最終9Rで決勝を行い、山田英明(37)=佐賀・89期・S1=が終1角過ぎから捲りを決めて優勝した。2018年の地元武雄記念以来、自身2回目となる4日制G3制覇。2着には山田をマークした近藤龍徳、3着には竹内智彦が入った。

ヒーロー

 豪快な捲りで優勝を手にした山田が、悲願のグランプリ出場へ一歩近づいた。

 近藤がSを取り、前受けで進めた決勝。赤板を過ぎて鈴木が上昇。さらに取鳥が上昇してきたが、山田は「すんなりと中団を取れた」と内を抜けて4番手を確保。取鳥の番手を巡り高原と畑段の競り合いを冷静に見て「捲れなくても、差されても」とタイミングを見計らい最終1角過ぎからスパート。きっちりと捲り切ってラインの近藤とワンツーを決めた。

 この優勝で賞金ランクは7位(6日現在)に浮上。「賞金は意識していたし、一戦一戦気が抜けない。自分はとにかくコツコツやるだけ」とビッグレースでもF1シリーズでも気持ちの入った走りを見せて、年末の大舞台を目指す。 (貞 友之)

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング