吉沢亮、大河ドラマ『青天を衝け』で埼玉ロケ「つかめてきたような手応え」

オリコン

 俳優の吉沢亮が主演する2021年大河ドラマ『青天を衝け』のロケ写真が到着。7月下旬にクランクインし、新型コロナウィルス感染症対策をとりながらも、鋭意撮影を進めている最中、写真は今月5日に物語序盤の舞台地となる、埼玉県内で行われたロケの時のもので、吉沢のほか、高良健吾、橋本愛のコメントも届いている。

【写真】今回のロケで撮影されたシーン

 大河ドラマ第60作となる同作の主人公は、新一万円札の顔としても注目される「渋沢栄一」。近代日本のあるべき姿を追い続け、生涯に約500の企業を育て、約600の社会公共事業に関わった「日本資本主義の父」とされ、晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補に2度選ばれた渋沢の生涯と、幕末から明治にかけた激動の時代を描く。

 今月5日の撮影場所は、鎌形八幡神社(埼玉県比企郡嵐山町)。ドラマ内では栄一たちの故郷・血洗島の神社という設定で、渋沢栄一(吉沢)、従兄弟の渋沢喜作(高良)、従妹でのちに妻となる尾高千代(橋本)の幼なじみ3人の運命が、大きく動き始めるシーンが撮影された。現状報告と渋沢栄一の故郷・埼玉県でのロケに際してのコメントは以下のとおり。

【吉沢亮のコメント】
 現場の雰囲気もすごく良く、空気感もつかめてきたような手応えがあるので、いい方向に進んでるなという気がしています。雨で撮影が中断してしまったシーンもありましたが、とても楽しくやっています。

 (ロケに際して)すごくのどかで、空気もきれいですてきな場所です。このような周りの空気のきれいさとか清さを感じながらお芝居することができているので、のびのびと楽しく演じています。(渋沢栄一が)こういった場所で生まれ育ったことを考えると、穏やかな広い心を持った方だったのではないかと感じます。

【高良健吾のコメント】
 喜作が気持ちのいい役なので楽しく演じていますし、長丁場で一つの役を演じる大河ドラマの醍醐味も感じています。現在は物語序盤 を撮影しており、これから どのように役が成長していくか楽しみです。

(渋沢の故郷・深谷市といえば)やはり 深谷ねぎが初めに浮かびますし、深谷でくみ上げられた地下水も先ほど飲ませていただきましたが、とてもおいしかったです。深谷市など北西部にはあまり来たことがなかったのですが、自然がたくさん残っていて、(撮影現場の)神社もすばらしい雰囲気で驚きました。

【橋本愛のコメント】
 (クランクインから)もう1ヶ月半がたったという実感はまだ無いのですが、重大なシーンを先に撮っていたりするので、そこに至るまでのお互いの関係を想像したり、自分の中で積み重ねなきゃいけないものが多いのが大変でした。ただ、演じている千代ちゃんがすごくかわいらしい女の子なので、とても楽しいです。

 (ロケに際して)神社が好きでよく行きますが、ここ(撮影現場となった神社)は、とてもお気に入りになりました。子ども時代、神社の裏や森の中を不思議なものに会いたくて探検するように、昔はもっと神秘的なものに親近感を持っていたのではないでしょうか。ここにいると(千代が子どもの時からそうやって育ってきたんだろうな、という想像が膨らんできました。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング