蒼井優&高橋一生『ベネチア国際映画祭』にリモート参加「行けなかったのが残念です」

オリコン

 女優の蒼井優、俳優の高橋一生、黒沢清監督が9日、都内で行われた映画『スパイの妻』(10月16日公開)の記者会見に出席した。

【動画】海外記者からの質問に答える蒼井優&高橋一生

 この日の会見前半は、コンペティション部門に正式出品されている『第77回ベネチア国際映画祭』と中継をつなぐ形で質疑に応じた。新型コロナウイルスの影響を受け、現地参加がかなわなかった蒼井は「行けなかったのが残念です。とんでもない緊張感の中、自分たちが手塩にかけて作った作品が『ヴェネツィア国際映画祭』のお客さんの目に触れることも含めての映画祭だったので…」と本音を漏らした。

 それでも「私たちが渡れなくても映画は届くんだと。きょうは、その喜びを噛み締めて過ごしたいと思います」と前向きに語ると、高橋も「非常に有意義な時間を撮影で過ごさせていただいた。その中で作り上げたこの作品が皆さんの目に触れることがとても感慨深く、うれしくことだと思っております」と笑顔で話した。

 1940年、満州で恐ろしい国家機密を知ってしまった優作(高橋)は、正義のために、この秘密を世に知らしめようとする。妻の聡子(蒼井)は、反逆者と疑われる夫を信じ“スパイの妻”とののしられようとも、ただ愛する夫と生きることを心に誓う。しかし、太平洋戦争開戦間近の日本で、夫婦の運命は時代の荒波に飲まれていく…。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング