玉ノ井部屋で集団感染19人

共同通信

 日本相撲協会は10日、玉ノ井部屋の十両富士東関(33)=本名渋谷和由、東京都出身=ら力士18人の新型コロナウイルス感染を発表した。5日に判明した幕下以下の力士を含め、同部屋の感染者は計19人となった。

 協会によると、感染拡大防止の観点から部屋所属の力士28人全員、審判委員を務める師匠の玉ノ井親方(元大関栃東)は大相撲秋場所(13日初日・両国国技館)を全休する。同親方や十両東龍関は陰性だった。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、秋場所は予定通り実施する。

 感染者のうち12人は既に入院しているが軽症。他の7人は特に症状がなく今後入院する予定という。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング