サッカー代表、10月に親善試合

共同通信

 日本サッカー協会の反町康治技術委員長は11日、オンラインで記者会見し、日本代表がオランダで10月9日にカメルーン代表、同13日にコートジボワール代表と国際親善試合を行うと発表した。新型コロナの影響で試合の中止や延期が続いた日本代表にとって今年初の活動となる。

 反町委員長によると、オランダは入国後の隔離といった措置がないという。Jリーグ勢は帰国時の制限などの関係で参加は難しく、欧州でプレーする海外組中心の編成になる見通し。試合は無観客で実施される。

 反町委員長は「活動したかった。私だけではなく事務方が頑張り、やっと(開催に)たどり着いた」と語った。

PR

Jリーグ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング