大倉忠義、恋人役・成田凌に冷たい対応? 撮影現場で「距離感が大事だなと思って…」

オリコン

 人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義、俳優の成田凌、行定勲監督が12日、都内で行われた映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の公開記念舞台あいさつに出席した。

【集合ショット】シックな装いがビシッとキマっている成田凌&大倉忠義ら

 同作は『失恋ショコラティエ』で知られる漫画家・水城せとな氏の傑作コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を実写化。主人公・大伴恭一を大倉が、そして恭一への想いを募らせ葛藤する今ヶ瀬渉を成田が演じている。

 劇中では“男性同士の恋愛”も描かれるが、大倉は「男女に当てはめてじゃないけど、別物として考えようと思っていたんですけど、シーンを撮っていくごとに『あ、この感じ経験したことあるな』とか当てはまっていく感覚があって、男同士だからとかそんなに考えなくていいのかなという発見がありました」と回顧した。

 成田も「僕は恭一も今ヶ瀬も正しいことはイマイチわからないけれど、正しくないことをしているのはわかるものなんだなと。今ヶ瀬は傷つくことを前提に立ち向かっていって、“当たって砕けろ”じゃなく、“当たったら当たったまんま”みたいな。よくないことはわかっているけれど、いざ何をしたらいいのかわからないみたいな、そういうモヤモヤがあるんだなと思いました」と語った。

 また、撮影秘話に花を咲かせた行定監督は「大倉は現場で、成田に対してあんまり優しくないのよ」と暴露。真意を問われた大倉は「ダメだなと思いつつも、距離感がすごい大事だなと思ってたんですよ。本当は空いてる時とか『飲みに行こうよ』という感じの雰囲気ではあったんですけど、そこまで近づいちゃうとそれはそれで違うかなとか思ってると、ちょっと冷たくなっちゃってたみたいです」と弁明していた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング