ダニエル・ラドクリフ、新境地を拓いた脱獄犯役を語る インタビュー映像到着

オリコン

 「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが、主演した映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』(18日より全国順次公開)について語るインタビュー映像が解禁された。

【動画】ラドクリフのインタビュー映像

 同映画は、南アフリカ共和国の国家権力の象徴・プレトリア刑務所に、反逆罪で囚われた白人の主人公ティム・ジェンキンが脱獄に挑む実話スリラー。本作で実在する政治脱獄犯ティム・ジェンキンという難役を見事に演じきったダニエル・ラドクリフは、「ハリー・ポッター」のイメージを払拭するかのように、武器を“杖”から“鍵”に変えて、新たな境地を開拓している。

 出演の理由についてラドクリフは「ハラハラする脱獄映画が好きだし、誰も思いつかないような方法で脱獄したから、その物語を語りたいと思ったんだ」と答える。また、撮影現場に訪れたティム・ジェンキン本人に会った時「正直、とても怖かったよ。話すのも緊張した」「 “(ティムは)同じ状況なら同じことをする”と考えているかもしれないが、100万年かけても僕には無理だよ」と緊張した様子を明かしている。

 しかし、撮影での脱獄について、「自慢するようなことじゃないけれど」と謙遜をしつつ、「監房の中から、ほうきの先につけた鍵を(監房の外の)鍵穴に差し込んで回した。カメラの前で成功させたのは僕が初めてじゃないかな」と、自身で鍵を開けたことを楽しそうに語っている。

 この映画のあらすじは――南アフリカ人のティム・ジェンキン(ダニエル・ラドクリフ)は、白人でありながら反アパルトヘイト組織「アフリカ民族会議(ANC)」の隠密作戦を行い、同胞のスティーブン・リー(ダニエル・ウェバー)と共に最高警備を誇るプレトリア刑務所に投獄される。

 ティム、スティーブンらは、自由と平等を手にするためにすぐに脱獄を決意する。彼らは様々な脱獄方法を模索し、最後に選んだ手段は、無謀とも言える木片を集めた鍵だった。看守の目を盗みながら、鍵を作っては解錠を繰り返し、徐々に出口までの鍵が完成していく一方、看守たちの監視の目は厳しさを増していく。そして、投獄から18ヶ月後の1979年、彼らは“鉄製”の扉を“木鍵”で突破を試みる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング