京都・下鴨神社、初の朗読劇開催 青二プロ協力で出演は野沢雅子、中井和哉、沢城みゆき、岸尾だいすけ、皆口裕子

オリコン

 世界遺産の京都・下鴨神社で、2000年の歴史で初となる朗読劇「鴨の音第一夜『糺の風』」が、10月25日に開催されることが決定した。今回を機に毎年開催を予定しており、第1回目には野沢雅子(声のみ)、中井和哉、沢城みゆき、岸尾だいすけ、皆口裕子が出演する。

【写真】もはや世界遺産!野沢雅子、沢城みゆき…出演する豪華声優陣

 これは、日本の古き良きものを愛しむ事の大事さと、これからの新しい文化の広がりを願い企画されたもの。世界から注目される日本のアニメーションと同時に、声優が発する言葉も音として言葉の壁を飛び越え人々の心に常に感動や勇気を届けている。彼らの朗読劇を通じて、さまざまな人種・世代に日本、京都、下鴨神社、声優に興味・関心を持ってもらい、その歴史・自然・守られ続ける文化を知ってもらいたい思いが込められている。

 クラウドファンディングにて支援を募り「ご招待券」として展開。支援額により確定席・抽選席が全200席用意(全て屋外席)されており、支援額に応じて本の招待券をはじめ、限定のオリジナル京漆商品や銘菓、京都団扇(野沢雅子バージョン)などをリターン品として用意している。

 脚本・演出は山下平祐氏、主催はBridal L、TNCブライダルサービス、協力は青二プロダクション。声優5人によるオリジナル朗読劇が上演され、YouTube DERAGAYA!channel にてライブ配信も実施する予定。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング