女子バスケWリーグが開幕

共同通信

 バスケットボール女子のWリーグは18日、東京・大田区総合体育館で開幕し、史上最多更新の12連覇を目指すENEOSが77―60で富士通を振り切り、白星発進した。37―38の後半に渡嘉敷や宮崎を中心に得点を重ねて逆転し、押し切った。

 今季は新型コロナウイルス感染防止策として1リーグ総当たり制から東西の2地区制に変更し、レギュラーシーズンは6チームずつに分かれて同地区の相手のみと戦う。プレーオフには各地区上位4チームが進出する。

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング