柴崎岳、先制アシストも負傷交代

共同通信

 サッカーのスペイン2部リーグで20日、レガネスの柴崎岳は敵地でのルーゴ戦に先発し、前半23分に前方への絶妙な浮き球のパスで先制点をアシストした。しかし、1―0の前半32分に負傷交代。チームは1―2と逆転されて敗れた。

 柴崎はプレーが途切れると自らピッチに座り込み、右脚を気にするしぐさを見せたままプレーを再開できなかった。クラブ公式ツイッターは交代理由を「違和感」としている。(共同)

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング