A.B.C-Z、エガちゃん作詞知らずにレコーディング 目標は“2週連続トップテン入り”?

オリコン

 人気グループ・A.B.C-Z(橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一)が23日、東京・日枝神社で行われた映画『オレたち応援屋!!』(10月23日公開)大ヒット祈願イベントに登壇した。主題歌にもなっている新曲「頑張れ、友よ」の作詞はお笑いタレントの江頭2:50が担当。レコーディング後まで誰が作詞したのかを知らなかったそうで、橋本は「エガちゃんの想いを乗せて歌いたかった。でもびっくりしました。終わった瞬間に教えてもらいました…」とちょっぴり残念そうに語った。

【集合ショット】願い事を書いた絵馬を持って登壇したA.B.C-Z&HiHi Jets

 その一方で河合は「(知っていたら)ちょっとふざけてたかもしれない…」といい、「不思議な曲だと思ってた。どこか歌いやすいし、いい曲だし、歌ってて気持ちいいなと思いながらレコーディングしてたのでので『スタコラサッサ』の歌詞とか、もしレコーディング前に(江頭の作詞だと)聴いていたらふざけた感じで歌ってたかも」と苦笑した。

 この日はヒット祈願ということで、巨大絵馬にお願いごとを直筆で記入して披露するなか、橋本は新曲が「「頑張れ、友よ」が2週連続トップテンに入りますように」と控えめに発表。「もちろん1位になる気は満々ですけど、でもここは謙虚にいかないと! これで2位だったら恥ずかしいからね…。江頭さんのためにも1位になりたい。できれば(1位)…」と弱気ながらも意気込んだ。

 対照的に、五関は「新曲『頑張れ、友よ』1位獲得」と堂々、宣言。五関は「橋本が紹介したときに(書き出しが)ドンかぶりだったので、同じこと書いてる!と思ったら、急に謙虚で…。だめです、こういうのは言い切らないと!」と強気な姿勢。その勢いに河合が「珍しいですよ。自分の主張を出すタイプではないのに、そういう気持ちあったんだね」と驚くと「常に持ってます! でも1位といってとれなかったらかっこ悪いという気持ちはわかる。でも自分たちが自分たちを信じなきゃ!」といつになく語気を強める五関に、戸塚は「ヒット祈願ってなにかが乗り移った!?」とツッコミ、その熱意に押され気味の4人だった。

 同作は、A.B.C-Zが2012年より単独で座長を務める大人気舞台“ABC座”の第5作目『ABC座2016 株式会社応援屋!! ~OH&YEAH!!~』が原案。人気テレビドラマ『おっさんずラブ』の脚本を務めた徳尾浩司が、世界観はそのままにキャラクター設定などを一新し、新たな物語を紡ぐ。映画の前日譚として、舞台『ABC座2020 オレたち応援屋!! On Stage』も10月3日より日本青年館ホールにて上演されることも決定している。

 このほか小島藤子、ジャニーズJr.のHiHi Jets(井上瑞稀、猪狩蒼弥)、真飛聖、竹本聡志監督らも登壇した。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング