草なぎ剛、水川あさみと“母親バトル”「怖かったです…」

オリコン

 俳優の草なぎ剛、服部樹咲、水川あさみ、内田英治監督が27日、都内で行われた映画『ミッドナイトスワン』の公開記念舞台あいさつに出席した。

【場面カット】母性あふれる表情を見せる草なぎ剛

 本作は、故郷の広島を離れて東京・新宿で生きることを決断し、崩れ壊れてしまいそうな自己を自分自身で支えながら生きるトランスジェンダーの凪沙(草なぎ)と、親から愛を注がれることなく生きてきた少女・一果(服部)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描くラブストーリー。

 トランスジェンダーの主人公・凪沙を演じた草なぎは「経験のない役で、難しい役ではあるんですけど、今までで一番何も考えずにできたんです。それは監督や、隣にいる樹咲さん、あさみちゃんに引っ張っていただいた」と回顧。全国のファンに向けて「僕たち出演者、スタッフが一致団結し、とてもいい作品を作り上げた。楽しみにこの作品をご覧になってください」とアピールした。

 育児放棄(ネグレクト)の母親を演じた水川は「心が痛かったです。殴ったりしなくちゃいけなかったので…」と本音を漏らしつつ「愛の大きさ、愛の深さはそれぞれ違うということ踏まえて、ただ単にネグレクトだけをフィーチャーしないで演じました」と振り返った。

 また、劇中では草なぎと水川の“母親バトル”が展開される。草なぎは「お互いに違う立場の母親で、それぞれ愛情の表現の仕方が違う。それを見事に演じてくれています」と絶賛した上で「あさみちゃんが怖かったです…。めちゃくちゃ迫力がありました。でもしょうがないですよね、お仕事ですもんね」と明かして、笑わせていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング