木下逃げて今年3V ルーキー第17戦 【住之江】

友好紙

 住之江ボートのルーキーシリーズ第17戦は1日、最終12Rで優勝戦を行い、木下翔太(29)=大阪・108期・A1=がインからきっちり逃げ切り快勝。6月のG3・イースタンヤング(桐生)以来、今年3回目、通算16回目の優勝を飾った。2、3着は仲谷颯仁、黒野元基が入り、平穏な決着となった。

ヒーロー

 オーバーエージ枠で唯一の出場だった木下が、“先輩”の貫禄できっちり結果を残した。予選をオール2連対でトップ通過すると、準優11Rはイン逃げで快勝。迎えた優勝戦も圧巻の走りを披露した。

 進入は展示同様に枠なりの3対3。インからコンマ09のトップSを放つと、1Mは完璧なターン。他艇に何もさせない圧勝劇を演じた。「いい仕上がりになっていましたね。地元で、そして唯一のオーバーエージなので若干緊張したけど、優勝できてホッとしました」と胸をなで下ろした。

 この優勝で獲得賞金ランクは47位に浮上。SG・チャレンジカップ(11月24~29日・蒲郡)出場が狙える位置まで浮上した。「直前のヤングダービーも優出したし、リズムは上がってきた。この後は全部優勝するつもりで、しっかり走りたい」と奮闘を約束した。 (高谷和宏)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング