精巧な偽動画「全芸能界の問題」

共同通信

 芸能事務所でつくる日本音楽事業者協会は2日、「ディープフェイク」と呼ばれる精巧な偽動画による芸能人偽ポルノの作成、公開が摘発されたことを受け「被害は非加盟社の所属タレントにも及び、芸能界全体の問題として看過できない事態だ」とし、顧問弁護士のコメントを発表した。

 コメントは、摘発を「重要な一歩」と位置付け「(芸能)プロダクションの共有するパブリシティー権を侵害するものであり、プロダクションに対する信用毀損、業務妨害罪を構成するとの観点から責任追及していく」との姿勢も示した。

 また警察の捜査に協力したことを明かし「早期にその芽を摘みたいと考えた」とした。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング