“二刀流俳優”北村匠海が挑んだ初コメディー映画「キャベツの千切りも上達しました」

オリコン

 DISH//の北村匠海が、コメディー映画初挑戦&単独初主演を果たした『とんかつDJアゲ太郎』(10月30日公開)。本作から、“とんかつ屋”と“DJ”の2つの分野で頂点を目指す、北村演じる主人公・アゲ太郎の場面写真が3日、解禁になった。

【別カット】DJに挑戦する北村匠海

 物語の舞台は渋谷にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」。アゲ太郎は三代目の跡取り息子だが、父・揚作(あげさく)のもと、キャベツの千切りの毎日。ある日、弁当の配達で渋谷のクラブに行くと、音楽にあわせ盛り上がるフロアにこれまでにない高揚感を体感。さらに、そこで出会った女性・苑子(山本舞香)に一目ぼれ。お調子者のアゲ太郎は“とんかつ”も“フロア”もアゲられる男「とんかつDJアゲ太郎」を目指すことになっていく。

 解禁された画像は、“しぶかつ”の文字が入った制服を着こなし、明るく接客をしている姿。もう一方は、真剣な表情でDJブースに立ち、フロアをアゲる姿が写し出されている。北村は「まさか自分がアゲ太郎を演じるなんて…と戸惑いましたが、DJとしてのビートの刻み方はもちろんのこと、キャベツの千切りも上達しました」と撮影を振り返る。

 本作以降も、『さくら』(11月13日公開)、『アンダードッグ』(11月27日公開)、『砕け散るところを見せてあげる』(2021年4月9日公開)、『東京リベンジャーズ』(2021年公開)と出演作品が続く北村。DISH//としても、あいみょんが作詞作曲を手掛けた「猫」が話題を呼び、ストリーミング再生回数が1億回を突破するヒットを記録。“俳優”と“アーティスト”としてブレイクしている二刀流俳優・北村匠海の魅力を、本作でも味わいたい。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング