西田敏行、映画『新解釈・三國志』で福田組初参戦「個性溢れる新しい解釈」

オリコン

 俳優・大泉洋が劉備玄徳役で主演を務める映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)で、物語の語り部となる歴史学者・蘇我宗光役で、西田敏行が出演することが3日、発表された。

【動画】『新解釈・三國志』魏チームのメイキング映像

 本作は、中国・後漢時代に魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』をオリジナル脚本で映像化。『今日から俺は!!』などを手がけた福田雄一監督がメガホンをとり、劉備役の大泉、諸葛亮役のムロツヨシのほか、黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗、孫権を岡田健史、周瑜を賀来賢人、黄夫人を橋本環奈、小喬を山本美月、趙雲を岩田剛典、貂蝉を渡辺直美、曹操を小栗旬が演じる。
 西田が演じる蘇我は、『三國志』を研究し新解釈を講義する学者。さまざまな文献が並ぶ部屋で、新しい三國志を読み解いていく。

 本作で福田組初参戦となる西田は「歴史学者役ということもあり、ひとりでのお芝居でしたので、もっとこの作品の俳優さんたちと一緒にお芝居したいなという気持ちが生まれました」と振り返る。福田監督については「キャパシティそして知識が広く、新しいことにチャレンジしていく意欲に溢れた方です。『三國志』はいままでにも色々な解釈がされてきましたが、今回は福田監督らしい個性溢れる新しい解釈ができているのではと思います」と内容に自信を見せている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング