大島優子、女優としての力量問われる“ト書き”に奮闘「高揚しました」

オリコン

 女優の大島優子が3日、都内で行われた映画『生きちゃった』初日舞台あいさつに登壇。石井裕也監督が書きあげた脚本の中で、せりふを発した後のト書きに「仏のように永遠にいろんな感情をむき出しにしている」との文言があったことを明かし「これどう演じるんだろうって思った(笑)。これは私にとってチャレンジでもありましたし、私なりの奈津美(役名)はどういう風に出来上がっていくんだろうと高揚しました」と打ち明けた。

【集合ショット】若葉竜也、仲野太賀、石井裕也監督も登壇

 同作は、幼なじみの3人をめぐる物語。ある日、厚久(仲野太賀)が会社を早退して家に帰ると、妻の奈津美(大島)が見知らぬ男と肌を重ねていた。その日を境に、厚久と奈津美、武田(若葉竜也)の歪んでいた関係が動き出す。

 大島は、石井監督の脚本について「小説を読んでいるかのようでしたね。普通はト書きがあるんですけど、ト書きって、その役柄の説明、感情の補足、情景の補足だったりしますよね。でも、この脚本をいただいた時はストーリーの展開に絶対必用な1行ずつになっている。間にあるト書きというもので、すごく試されているような感覚でした」と回顧した。

 そんな大島について、石井監督は「すさまじいエネルギーを秘めている人ですよね、ここまでのパワーを持っている人はなかなかいないと思います」と賛辞。大島は「監督とお食事に行かせていただいて、いろいろとお話をしたのですが『こういう顔をするんだね』って、いろんな顔の角度をご覧になって(笑)、緊張しましたね」と声を弾ませた。

 舞台あいさつにはそのほか、仲野太賀、若葉竜也も登壇。仲野は「このコロナの時代で、今まで自分が思い描いていた人生設計だったり、運命的なものっていうか、運命は自分自身ではコントロールできないんだなっていうのが身にしみた期間でした。予定通りにはいかないし、ずっといてくれるだろう人もいなくなったり、悲しいこともあったりして、運命には抗えないなと。そういう運命みたいなものに…やっぱり力強く生きていきたいなと。力強く生きるっていう強さを伝えていると思うので、持ち帰っていただけたら」と呼びかけた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング