milet、木村文乃主演ドラマ『七人の秘書』ダブル主題歌を担当

オリコン

 シンガー・ソングライターのmilet(ミレイ)が、今月22日スタートのテレビ朝日系木曜ドラマ『七人の秘書』(毎週木曜 後9:00※初回拡大スペシャル)のダブル主題歌を担当することが明らかになった。

【写真】ドラマ『七人の秘書』メインキャスト7人

 同ドラマは、木村文乃、広瀬アリス、菜々緒、シム・ウンギョン、大島優子、室井滋、江口洋介ら7人のキャストが出演し、『ドクターX~外科医・大門未知子~』『ハケンの品格』などの中園ミホ氏が脚本を手掛ける痛快なお仕事ドラマ。弱きを助け、強きをくじく、影の最強・秘書軍団を生き生きと描く。

 昨年3月、「inside you」でデビューしたmiletは、1年間で5枚ものEPをリリース。壮大な楽曲、繊細でエモーショナルな歌詞、独特の歌声で支持を広げ、今年6月3日に発売した1stアルバム『eyes』はオリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得した。大躍進に注目が集まる中、早くも新作EP「Who I Am」を12月2日に発売すると発表。その表題曲となる新曲「Who I Am」が、ドラマ主題歌に起用された。

 「Who I Am」は、miletのデビュー曲「inside you」のプロデュースを手掛けたToru(ONE OK ROCK)と再びの共作&プロデュースとなる楽曲で、エモーショナルなロックサウンド。さらに、情感に訴えかける感動的なバラードの新曲「The Hardest」も、もう1つの主題歌として同ドラマに起用されることが決定。

 脚本を読んで、「主演の木村文乃さんの心の奥まで見つめるような瞳を思い浮かべながら書き下ろしました」と明かしているmilet。「どんな時でも『自分は何者か』を思い出せるようにと力強く歌った『Who I Am』、そして心の隙間に沁み込むような『The Hardest』が物語と皆さんの気持ちに寄り添えたらうれしいです」とコメントしている。

 2つの主題歌を聞いて、主演の木村は「これまで撮影してきたシーンひとつひとつが走馬灯の様に浮かぶメロディーと、言葉にできない想いを代弁してくださるような歌詞に、miletさんも8人目の秘書でいてくださると思わずにはいられない素敵な主題歌です」と、感激している。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング