吉谷彩子、実は料理上手 共演の井之脇海に手作り弁当「ピヨちゃん」を差し入れ

オリコン

 女優の吉谷彩子と俳優の井之脇海がダブル主演するBSテレ東の新ドラマ『ハルとアオのお弁当箱』(12日スタート、毎週月曜 深0:00~0:30)のオンライン記者会見が5日に行われ、吉谷と井之脇が出席。ドラマの内容にちなみ、この日、吉谷は朝7時からお弁当づくりに励み、井之脇へ差し入れするサプライズを行った。

【写真】「ピヨちゃん」がキュート!吉谷彩子の手作り弁当

 同ドラマは、ひょんなことから同居することになった、吉谷演じるオタク女子・ハルと、井之脇演じるジェンダーレス男子・蒼が、互いにお弁当を作り合い、心を通わせていく物語。

 お弁当の差し入れについて、吉谷は「劇中で蒼さんがハルちゃんをイメージして作ったお弁当が出てくるのですが、その逆はなかったので、蒼さんをイメージして作りました」と説明。そのメインは、なんとオムライスの卵焼きで表現した「ピヨちゃん(ひよこ)」。

 井之脇は「劇中のハルさんは料理が下手という設定なので、吉谷さんがこんなにかわいいお弁当が作れるなんて、びっくりしました。ピヨちゃんかわいいですね(笑)。そういえば、現場で、誰が一番上手に卵焼きを巻けるか競った時もハルちゃんは上手だった」と、思いがけない差し入れを喜んでいた。

 実は、吉谷は料理が得意。「母が料理上手で、小さな頃から台所に立つ母を見ていて、葉っぱをちぎったり、小さなお手伝いから始まって…。何でも作れると思います」と、きっぱり。それゆえに撮影では意外な苦労もあった。「ハルちゃんは料理が下手っぴなので、切れないふり、野菜が転がっていっちゃう感じを、わざとやるのが難しくて。ドラマの最後の方には、ハルちゃんも成長して、うまくなっていくんじゃないかと思うので、そこでやっと自分の本気だせるかな」と、主人公の成長を楽しみにしていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング