前澤友作氏、歴代の住んでいた家&建設中の超豪華新居を初公開

オリコン

 ZOZO創業者で現スタートトゥデイ代表取締役の前澤友作氏が、7日放送のフジテレビ系『昔住んでた家は今!?歴代ハウス』(後7:00~9:00)に出演。歴代の住んでいた家、そして“千葉のサグラダ・ファミリア”と称される現在建設中の超豪華な新居の一部を初公開する。

【写真】歴代の家々を紹介し思い出を振り返る青山テルマ、ぺこぱら

 同番組は今をときめく有名人が住んできた歴代の家を調査し、その知られざる人生をひも解く特番バラエティー。MCの博多華丸・大吉をはじめ、青山テルマ、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)、ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)、さらにお家見届け人として藤田ニコルが出演する。

 前澤氏は学生時代を過ごした家から、洋楽CDのカタログ通販の仕事をしていた家、そして現在住んでいる豪邸までのその時々の思い出を振り返る。今の前澤社長からは考えもつかない貧乏生活や失敗談が明らかに。また、チョコプラ長田が澤社長本人を目の前にしてモノマネを初披露する。

 番組では、ぺこぱ・松蔭寺や青山テルマの歴代ハウスも紹介。「同じ街のムジナーさん」と題し、かつて同じ街に住んでいた芸能人がそれぞれの住んでいた家を一緒に見に行くロケ企画では、俳優の松重豊とチョコプラ長田が全く売れていない時代に住んでいたという吉祥寺で、思い出の残る店や商店街を巡る。

 MCの博多華丸は「皆さんの歴史を満喫し過ぎて、最初のぺこぱの記憶がないです!(笑)。人の歴史をのぞき見るのは、すごい楽しかったです。松重さんが何かを食べるときに感想を言うのがとても新鮮でした(笑)」と見どころをアピール。

 博多大吉も「思った以上に人の人生を楽しめるものだなと思いました。皆さん共通するのが、ブレークするまでのことをすごく鮮明に覚えていらっしゃっていて、濃いエピソードを聞くことができました」と語った。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング