松本穂香&奈緒、得意料理トークで笑顔 関西風と関東風の違いに気づけず「敏感じゃないかも…」

オリコン

 女優の松本穂香、奈緒、角川春樹監督が7日、東京・神田明神で行われた映画『みをつくし料理帖』(16日公開)の大ヒット祈願祭に参加した。

【動画】松本穂香・奈緒を絶賛!角川春樹監「ふたりは図抜けている!」

 祈願祭を終えた松本は「ご祈祷を受けて、いよいよ公開が近づいているんだなというのをひしひしと身に感じた。この作品が、より多くの方に届けばいいなと思いました。いい緊張感でした」とにっこり。奈緒も「撮影から1年以上経ったというのが信じられない。公開まで10日を切って緊張感が増してきていて…。たくさんお祈りしたので、たくさんの方に届けばいいな」と思い描いた。

 角川監督は「映画の中で、火の用心の御札をさり気なく張ってあるんですが、神田明神さんで書いていただいて、判も押してもらいました。『みをつくし料理帖』と神田明神は切っても切れないワンセットみたいな感じ」と裏話を明かしていた。

 これまでに薬師丸ひろ子や渡辺典子といった多くの人材を発掘してきた角川監督。松本と奈緒について問われると「演技力に関して(薬師丸と渡辺の)2人はデビューということもあって、演技というより資質が全面に出ていた。今回は本読みも前もって数回行っていた。演技力や表現力、何よりも読解力について2人は図抜けている。ある種、完成されているぐらい」と絶賛。松本は「私としては、もっと成長していきたいなと思っている。すごくありがたいお言葉」と感激し、奈緒も「その言葉をお守りにして、もっと成長した姿を見せられるようにしたい」と決意を新たにした。

 料理も見どころの1つ。ただ、角川監督は「私は実は食べてなくて。窪塚(洋介)ばっかりが食べていた。初日のあいさつも『おつかれさま』ではなく『ごちそうさま』って言って帰っていきましたから」とぼやいていた。

 そして2人には得意料理の質問が。松本は「煮物とか和食系をよく作ります」と明かし、奈緒は「たこ焼きです(笑)。最近、よく作っているので…」と少し恥ずかしそうに語っていた。松本は大阪出身、奈緒は福岡出身。故郷と関東との味の違いを感じたか問われると松本は「私が変なのかもしれないですけど、いまだに感じていないんです(笑)。たぶん、あまり敏感じゃない方なのかもしれないんですけど、東京もおいしいものあるなって感じです」と笑う。一方の奈緒は「上京して一人暮らしでお料理をした時に実家の味と全然、違うものができた。おしょうゆが違うのに気付きましたね。九州はおしょうゆが甘いんですよ」と“九州あるある”を展開していた。

 原作は、高田郁氏による同名の時代小説。これまでに全10巻が刊行されており、累計400万部を超えるベストセラー作品。2012年と14年には北川景子主演でスペシャルドラマ化、17年には黒木華主演で連続ドラマ化されている。『犬神家の一族』(1976年)を皮切りに『セーラー服と機関銃』(81年)、『時をかける少女』(83年)など数々のヒット作を送り出した角川監督が“生涯最後”と銘打ちメガホンをとる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング