郷ひろみ、筒美京平さん追悼「心から感謝しています」 デビュー曲「男の子女の子」ほか多数提供

オリコン

 歌手の郷ひろみが12日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため7日に亡くなった作曲家の筒美京平(本名:渡邊榮吉)さんを追悼した。

【画像】『筒美京平HITSTORY』新装復刻

 郷はデビュー曲「男の子女の子」を作曲した筒美さんへ「郷ひろみを創ってくれた人が、また一人この世を去った。とても、残念なことです。京平先生には、心から感謝しています」と追悼した。

 筒美さんは「男の子女の子」のほか「花とみつばち」「よろしく哀愁」「花のように鳥のように」など、多数の楽曲を郷に提供してきた。

 SMAPとして「心の鏡」(1991)を歌った稲垣吾郎は、パーソナリティーを務めるラジオTOKYO FM『THE TRAD』の冒頭で、「先ほど、残念なニュースが入ってきましたね。以前、僕も曲を提供していただいたこともあったので」と語り、「改めまして、筒美京平先生、お悔やみ申し上げます」と偲んだ。

 「木綿のハンカチーフ」(1975)を歌った太田裕美も、自身のツイッターで「筒美先生が亡くなられた…哀しくて哀しくて…涙が止まらない…」と哀悼の意を伝えた。

 筒美さんは1940年5月28日、東京生まれ。レコード会社勤務を経て1966年に「黄色いレモン」で作曲家デビュー。1971年に尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」、79年にジュディ・オングの「魅せられて」でレコード大賞を受賞したほか、多数の日本を代表するヒット曲を作曲。生涯で3000曲弱を手がけた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング