オードリー若林、「第3回斎藤茂太賞受賞」紀行文エッセイが自身初の「文庫」TOP10入り【オリコンランキング】

オリコン

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭の紀行文『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(文春文庫)が、週間2.1万部を売り上げ、10/19付「オリコン週間文庫ランキング」(集計期間:10月5日~11日)で、4位にランクインした。

【写真】オードリー、数字で証明した“第2の黄金期”

 本作は、多忙な若林が2016年に5日間の夏休みを使って一人で訪れたキューバでの出来事を綴った紀行文。17年に出版された同書は、18年に「第3回斎藤茂太賞」を受賞。選考委員の椎名誠氏には「新しい旅文学の誕生」と絶賛された。

 今回出版された文庫版には、特別書下ろしの「モンゴル」「アイスランド」「コロナ後の東京」の3編を新たに収録。プライベートでも交流のあるCreepy NutsのDJ松永が解説文を担当し、文春文庫のホームページ上の作品紹介には「俺は誓いました。あなたのように生々しく生きていこうと」という言葉が紹介されている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング