広瀬すず『世にも奇妙な物語』で初主演 夏には姉・アリスも主演「ありがたいですし、すごく楽しみ」

オリコン

 女優の広瀬すずが、11月14日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ‘20秋の特別編』(後9:00)内オムニバスドラマ『イマジナリーフレンド』に主演することが、わかった。同シリーズ初出演・初主演となる広瀬は「すごく長く続いている番組で、しかも今回姉は夏編に出ていたので、姉妹で出演できるということで、ありがたいですし、すごく楽しみです」と期待を寄せている。

【場面カット】広瀬すず、岐洲匠との緊迫した共演シーン

 広瀬演じる原田早希(はらだ・さき)は臨床心理学を専攻する大学生。大学の講義で、空想によってさみしさを紛らわせると共に、成長に欠かせない人間同士の絆を育むといわれている“イマジナリーフレンド”について学んでいる。一人っ子や長男長女に多く見られる現象だと言うが、実は早希にも幼い頃ユキちゃんという自分にしか見えないウサギのぬいぐるみの友達がいたことを思い出す。すると突然、自宅の部屋にユキちゃんが再び現れるが、それはある事件の幕開けに過ぎなかった・・・。

 脇を固めるキャストとして、物語の中でも重要な役割を担う、原田早希の母親・原田友里恵(はらだ・ゆりえ)役を堀内敬子が、早希の同級生・二見健吾(ふたみ・けんご)役を岐洲匠、早希の幼なじみ・山岸佳織(やまぎし・かおり)役を横田真悠が、そして早希の同級生・七瀬和泉(ななせ・いずみ)役を夏子が演じる。

 サスペンスの要素や、『世にも奇妙な物語』らしい不可思議で少し怖い出来事の連続で展開する物語だが、そんな中にも物語の最後には家族のぬくもりが感じられる、温かいエンディングとなっている。また一人の若い女性が、不思議な出来事を通して大きく成長していく物語でもある。

 広瀬は「『世にも奇妙な物語』はホラーが多いと思うのですが、今回のお話はほっこりするすごく温かい作品です。短編なので普通のドラマより短いのがなんだか少しもったいないなと思ってしまうほどすてきな作品だなと思いました」と台本の印象を語る。

 ストーリーの中に登場する、姉との絆のようなものを感じたことについて「姉とは、ずるがしこい所が似ているかなと思います(笑)。あとは、人に対して『この人ってこんな感じの人だな』と思うときの感じ方が似ているなと思います」と語る。「今回の作品は“奇妙”いうよりは、せつなくて、最後は温かい気持ちになれる作品なのかなと思います。楽しみにしていてください」と呼びかけている。

 編成企画の渡辺恒也氏は「『イマジナリーフレンド』は、“想像上の友達”との再会から次々と奇妙な出来事が起こるお話ですが、その出来事を経て最後には自分自身と向き合っていく物語です。子供時代、自分にしか見えなかった“ユキちゃん”が、大人になって再び目の前に現れたのは何故なのか?その理由が明らかになった時、早紀自身も気が付いていなかった心の奥の秘密に気づいていきます。『広瀬すずさん×うさぎのぬいぐるみ』という、“奇妙かわいい”コンビのやりとりも見どころの一つです! ぜひお楽しみください!」と注目ポイントを挙げている。

 また、30周年の節目を迎えた人気シリーズの『秋の特別編』では広瀬のほか、濱田岳、高橋克実、大竹しのぶの4人が主演することもすでに発表されている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング