日向坂46、朗読劇×ファッションショー×ライブに5万人 新3期生も参加「緊張」

オリコン

 アイドルグループ・日向坂46が15日、自身が主演した日本テレビの1月期ドラマ『DASADA』とコラボレーションした無観客配信イベント『日向坂46×DASADA Fall&Winter Collection」を行い、視聴チケットを購入した約5万人のファンを魅了した。

【イベント写真】朗読劇、ファッションショー、ライブと日向坂46の魅力満載

 イベントは朗読劇、ファッションショー、ライブで構成。まずは、ドラマ出演メンバー16人による初挑戦の朗読劇『サプライズパーリー大作戦』でスタートした。渡邉美穂演じる篠原沙織がロンドンへ旅立とうとする中、「DASADA」メンバーのメンバーが“サプライズパーリー”を実行しようと奮闘するストーリー。体調不良のためイベントを欠席した松田好花も、声で出演した。

 続いて『DASADA』ブランドのファッションショーに突入。1番手を務めた高本彩花をはじめ、堂々としたウォーキングで笑顔を届けた。

 新型コロナウイルス感染防止対策の換気タイムを経て、ライブでは新3期生の高橋未来虹、森本茉莉、山口陽世も加えた20人でパフォーマンス。ドラマの主題歌「青春の馬」をエネルギッシュに披露すると、キャプテンの佐々木久美は画面越しの飜に向け「声を出してペンライトを振って盛り上がっていただきたいなと思います! 皆さん準備はいいですか?」と呼びかけた。

 9月23日に発売したばかりの1stアルバム『ひなたざか』から新曲「ただがむしゃらに」「My fans」をライブ初披露したほか、現メンバーでの歌唱にリメイクされた「誰よりも高く跳べ!2020」では、全員が元気いっぱいに飛び跳ねる。新3期生の高橋は「本格的なライブが初めてで緊張していたけど、先輩方がつないできた『誰跳べ』を歌って踊れたことが本当にうれしくて。ありがたいことだなって思いました」と喜びをかみしめた。

 全10曲のライブを「JOYFUL LOVE」で締めくくり、キャプテンの佐々木は「皆さんと私たちがまた元気に顔を合わせてステキな空間を作れる日を楽しみに、これからの日々を過ごしていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」とあいさつした。

 今回のイベントの模様は10月17日午後7時~18日午後7時までの期間、見逃し配信でもう一度楽しむことができる。チケット販売は18日午後1時まで。

■『日向坂46×DASADA Fall&Winter Collection』セットリスト
OVERTURE
01. ソンナコトナイヨ
02. 青春の馬
03. キュン
04. ドレミソラシド
05. ただがむしゃらに
06. My fans
07. 誰よりも高く跳べ!2020
08. キツネ
09. アザトカワイイ
10. JOYFUL LOVE

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング