11月場所、観客の上限約5千人

共同通信

 日本相撲協会は19日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)は定員の半分ほどに当たる上限約5千人の観客を入れて実施することを決めた。新型コロナウイルス感染予防対策として、2場所連続で上限約2500人だった9月の秋場所から倍増となった。

 1人ずつ座っていた4人用升席は2人まで使用可能に。相撲協会は政府が9月にイベントの人数制限を緩和したことを受け、観客動員数の増加を模索していた。国技館の定員は約1万1千人。

 11月場所は千人規模の移動に伴う感染リスクを踏まえ、福岡市から東京開催への変更が既に決まっている。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング