ガンバ大阪の選手が酒気帯びか

共同通信

 サッカーJ1のガンバ大阪は26日、クラブ所属でブラジル出身のアデミウソン選手(26)が、道交法違反(酒気帯び運転など)の疑いで大阪府警の任意捜査を受けたと発表した。

 同選手は25日午前、大阪府茨木市内で追い越し車線を走行中に走行車線の車と接触したが、それを認識せず練習のため同府吹田市内のクラブハウスへ向かった。練習後に警察から任意同行を求められて事情聴取を受け、基準値を超えるアルコールが検出された。

 25日に本人に詳細を確認したガンバ大阪は謹慎処分を科したが、捜査終了後に改めて処分を決める。ガンバ大阪は26日午後に記者会見する。

PR

Jリーグ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング