有村架純、姉目線で高橋海人ら“3兄弟”にほっこり「ほほ笑ましく思います」

オリコン

 女優の有村架純が主演する『姉ちゃんの恋人』(毎週火曜 後9:00※初回15分拡大)が27日からスタートする。3人の弟たちを養う“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子を演じる有村が第一話をいち早く鑑賞し、このほどコメントを寄せた。

【動画】ミスチルの主題歌も!『姉ちゃんの恋人』第1話予告動画

 今作は、有村が主演を務めたNHK朝ドラ『ひよっこ』の脚本を担当した岡田惠和氏が手掛けるオリジナルドラマ。ハロウィーンからクリスマスにかけて、女手ひとつで弟3人を養う主人公・桃子と個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、恋と家族愛の物語を描いたラブ&ホームコメディーとなっている。

 おすすめシーンについて有村は「ドラマの後半、サッカーの試合からの一連のシーンが私は好きです。弟を応援して、真人(林遣都)さんと初めて二人きりで話をして、最後はまた家族で締めくくる…。主題歌も相まって、これから“どんなことが待ってるんだろう”って気持ちを盛り上げてくれますし、桃子のいろんな魅力が凝縮されたシーンになっています」と紹介。

 予告映像でも流れているレッドカードを突き付けられる桃子や、真人への告白とも取れる発言をする桃子など、明るくて優しい“肝っ玉姉ちゃん”を象徴する場面も次々と登場。そして、このシーンには第一話では初のフルバージョンオンエアとなるMr.Childrenによる主題歌「Brand new planet」が彩りを加える。

 また、「姉目線もありますけど、安達家みんながニコニコしているシーンは『かわいいな』『楽しく笑っていてよかった』と思いながら見ていました。こういう家族のカタチが見えるシーンはすごくほほ笑ましく思いますね」と、和輝(高橋海人※高ははしごだか/King & Prince)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)の“イケかわ”3兄弟を愛してやまない桃子同様、“姉”としての感想を明かしている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング