競輪99期 九州勢新人紹介(上)

名川豊 拡大

名川豊

古川大輔 魚屋周成 萱島大介 瀬口匠 上吹越俊一 茅野寛史

※データは2010年12月21日現在。
 
父と二人三脚で
 
 名川豊(ながわ・ゆたか)福岡県北九州市出身、豊国学園高校卒業。父(秀樹=60期引退)の影響で小さいころから選手を目指す。高校時代にジュニアオリンピック・ケイリンで6位。「学校では父の助言で勝ちにこだわった。これからも指導を受けながらS級S班を目指して頑張る」

比類の情熱胸に

 古川大輔(ふるかわ・だいすけ)広島県広島市出身、舟入高校卒業、師匠は渡辺満(73期)。九州大学農学部で学び、研究職を目指すが夢とのギャップを感じて中退。その後、趣味のツーリングが高じて選手の道へ。「地脚を活かした打鐘先行で勝負し、最終的にはG1で活躍したい」。

目標は深谷知広

 魚屋周成(うおや・ちかよし)大分県杵築市出身、日出暘谷高校卒業、師匠は三好林太郎(46期=引退)。全アマ選手権1キロ優勝、国体スプリント2位など実績は豊富。「競輪学校では朝練で積極的に乗り込んだ。高校の大会で、何度も顔を合わせた深谷知広さんのような選手を目指す」。

元阪神の内野手

 萱島大介(かやじま・だいすけ)大分県国東市出身、福岡大学卒業、師匠は三好林太郎(46期=引退)。2002年、阪神にドラフト11巡目(内野手)で入団。06年の引退後は球団職員だったが「もう一度プロ選手としてやりたかった。野球で駄目、競輪でも駄目とは言われたくない」。

地脚に自信あり

 瀬口匠(せぐち・たくみ)宮崎県小林市出身、小林高校卒業、登山部出身、師匠は五反田豊和(80期)。大学進学よりもスポーツで身を立てることを夢見て、6度目の受験で合格。在校中は消極的な走りに終始したが、「デビュー後は自信のある地脚で先行し、S級選手を目指したい」。

33歳で在校1位

 上吹越俊一(かみふきごし・しゅんいち)鹿児島県錦江町出身、南大隅高校卒業、師匠は内村豪(67期)、弟に直樹(86期)、堀内福成(80期=引退)は従兄弟。年齢制限の撤廃後(93期以降)も含めて合計11回の挑戦を実らせ、在校1位に。「弟と一緒に頂点を目指して親孝行をしたい」

ジムでの出会い

 茅野寛史(かやの・ひろふみ)鹿児島県伊佐市出身、師匠は中野和久(80期)。読売九州理工専門学校に在学中、スポーツジムで石丸博己(51期=引退)と出会って競輪を知る。「石丸さんと約束した適性試験では学校に合格できなかったが、選手になれたからには先行で活躍したい」。

=2010/12/21付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ