立正大、亜大に並ぶ6勝目

共同通信

 東都大学野球リーグ第4週第2日は28日、神宮球場で3試合が行われ、立正大が駒大に6―5でサヨナラ勝ちし、6勝2敗で亜大と首位に並んだ。亜大は東洋大に3―5で敗れた。国学院大は中大に1―7で屈し、5勝3敗になった。

 東洋大は七回に広岡の2点二塁打などで4点を勝ち越した。中大はDeNAからドラフト2位指名の牧が1―1の六回に2号ソロ、七回に倉石が3ランを放った。立正大は九回、米田がサヨナラ二塁打を放った。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング