広3―2ヤ(28日)

共同通信

 広島が接戦を制した。一回に押し出し死球と堂林の2点適時打で3点を先制した。遠藤が7回を本塁打による1失点だけにとどめて4勝目。フランスアが17セーブ目を挙げた。ヤクルトは村上の2本のソロのみに終わり3連敗を喫した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング