【東京ドラマアウォード】生田斗真主演『俺の話は長い』が3冠「みなさんに感謝」

オリコン

 俳優の生田斗真が29日、都内で行われた『東京ドラマアウォード2020』授賞式に参加した。生田は日本テレビ系連続ドラマ『俺の話は長い』(2019年10月期)で主演男優賞を受賞。同作は作品賞の優秀賞、脚本賞(金子茂樹氏)と合わせ3冠となった。作品を作る上で“ライブ感”を大切にしたという生田は「休憩中や前室でもけいこしていたので、賞をいただけるのはうれしい。みなさんに感謝しています」と喜びを噛み締めた。

【集合ショット】黒木華、佐藤健、伊藤沙莉ら豪華俳優陣とともに登場した生田斗真

 同アワードは『国際ドラマフェスティバルin TOKYO 2020』のメインイベントとして開催。昨年7月から今年6月のなかから、作品の質の高さのみならず“市場性”“商業性”にスポットをあて、『世界に見せたい日本のドラマ』のコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性の高いドラマを表彰する。

 『俺の話が長い』では、6年間ニートで無職、屁理屈だけは得意な主人公とその家族が巻き起こす、30分2本立てのホームドラマ。司会の石坂浩二とはかつて親子役を演じた縁もあり「立派に育って」と石坂が目を細めると、「またご一緒できたらうれしいです」と応じた。

 そんな石坂から役柄のリアリティーを称賛された生田は「自分ではそういう思いはなかったんですけど、観てくださる方や家族や友人に『素に近いのでは』と言われました。こんなに屁理屈多かったかな」と苦笑していた。

 このほか、主演女優賞の黒木華(『凪のお暇』)、助演男優賞の佐藤健(『恋はつづくよどこまでも』)、助演女優賞:伊藤沙莉(『これは経費で落ちません!』)、主題歌賞のOfficial 髭男 dism(『恋はつづくよどこまでも』)、作品賞・グランプリ『いだてん~東京オリムピック噺~』主演の中村勘九郎、優勝賞『これは経費で落ちません!』主演の多部未華子、単発ドラマ部門『2020年 五月の恋』主演の吉田羊・大泉洋らが参加した。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング