ボート・鵜飼が引退 61歳 通算1692勝目で有終の美

友好紙

 ボートレースの女子王座決定戦を3連覇するなど、長きにわたって活躍した元女王、鵜飼菜穂子(61)=愛知=が29日、とこなめボートのヴィーナスシリーズ第15戦「常滑シンデレラカップ」を最後に引退した。ラストランとなった8Rはインからコンマ10のトップSで逃げて快勝し、通算1692勝目で有終の美を飾った。「エンジンが良くなっていたので心に余裕があり、自分のレースができました」と満面の笑み。十八番のレース運び、会心のイン速攻劇だった。

 現役引退の理由について「父親の介護でボートレースがおろそかになり、勝率が落ちてしまったのが原因ですね」と説明。後輩に向けては「今の女子選手は目標が低過ぎます。この競技は男子と同じ土俵で戦えるのだから、もっと上を目指してもらいたい」と、女子のパイオニアはさらなる女子レースの発展を願って辛口エールを送った。

 応援し続けてくれたファンに対しては「SG笹川賞(現オールスター・過去9回出場)に出られたのも皆さんのおかげ。いつも『鵜飼、頑張れ』と声を掛けていただき、本当にありがとうございました」と頭を下げた。8日に引退した今村豊さんと同じ48期生。男女のレジェンドレーサーが、ほぼ同時期に水面に別れを告げた。 (高瀬勝三)

 ◆鵜飼菜穂子(うかい・なほこ)1959(昭和34)年10月4日生まれの61歳。名古屋市出身。162センチ、45キロ。血液型はO。選手養成48期。81年11月蒲郡でデビュー(4着)し、同月まるがめで初勝利。82年6月住之江で初優勝。90年から92年G2女子王座決定戦(現G1レディースチャンピオン)3連覇を含め、通算優勝は56回。1着回数は1692。

 谷川里江「早くから記念に出場し、悔しい思いをしながら頑張ってくださいました。今、女子レーサーの人数が増えて、いい状況の中でレースができるのも鵜飼さんのおかげで感謝しています。プライベートでは一緒に旅行に行ったり食事に連れていってもらい、私のためにいっぱいお金を使っていただきました。本当にありがとうございました」

 大滝明日香「今の女子レーサーがあるのは鵜飼さんのおかげです。大変な思いをされながらも道を切り開いてくださいました。私たちはそのレールに乗っているだけ。みんなから好かれる性格で、本当に尊敬するべき先輩です。長い間お疲れさまでした」

 山川美由紀「記念レースなどでご一緒させてもらうようになった頃、とにかくすごい人だと感じました。レースはもちろん、精神面を含めて強い方でした。今よりも昔の方が上下関係とか厳しい世界でしたが、第一線で活躍され続けましたからね。本当にお疲れさまでした」

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング