井ノ原快彦、KREVA&やついと初対面で“20年来のバンド”演じる 『461個のおべんとう』新場面写真公開

オリコン

 人気グループ・V6の井ノ原快彦が主演する映画『461個のおべんとう』(11月6日公開)の新場面写真が公開。今回は、井ノ原演じる主人公の鈴本一樹とKREVA、やついいちろうによる劇中バンド・Ten 4 The Sunsのライブシーンが披露されている。初対面から1ヶ月も経たずに20年来のバンドメンバーを演じた3人の姿が映し出されている。

【動画】井ノ原×道枝が歌う主題歌入り予告が解禁

 今作はTOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を映画化。ミュージシャンでありながら息子のためにお弁当を作り続けることを決意する、シングルファザーの鈴本一樹とその息子、虹輝(道枝駿佑/なにわ男子)の心温まる物語を描く。

 みどころのひとつとなるのが、原作者の渡辺が、監修した劇中の音楽。一樹らが演奏する4曲は本作のために、渡辺自ら書き下ろしたもの。さらに、Ten 4 The Sunsが歌うラップ部分は、KREVAが作詞・作曲するなど、本作でしか実現できないコラボレーションによって生まれた音楽となっている。

 このライブシーンは、都内2ヶ所のライブハウスで撮影。初回はMCの栄太(KREVA)とDJの利也(やついいちろう)のクランクイン日でありながら、バンド結成20年という設定に違わぬ、3人の息の合ったコンビネーショントークで、撮影の合間も観客役のエキストラ200人を和ませ、撮影現場を熱気と感動のライブ会場へと変化させた。

 代表曲「It’s all right」では、ライブさながらのフル演奏も本番一発OK。パフォーマンスを終えた井ノ原らの元に駆けつけた渡辺も「いいバンドですね! 観客とのコール&レスポンスが素晴らしい。KREVAのラップにもドキッとした」と興奮を露に。この観客を巻き込む圧巻のライブパフォーマンスには、本人たちも「これ俺ら人気あるぞ!?」と手応えを感じずにはいられなかったよう。

 実際に撮影現場で3人のパフォーマンスをみた森七菜は、先日行われた完成披露試写会で「かっこよすぎてびっくりしました。この映画で組まれたバンドとは思えないので、ずっと続けて欲しいなあと思いました!」とバンドの存続を熱望すれば、KREVAも「やぶさかではないです」とうれしそう。

 同世代の3人は、とにかく馬が合ったようで、撮影は初日からアドリブが飛び交い、バンドのレコーディングエンジニアとして出演した阿部純子も、印象に残ったシーンとして撮影初日のファーストカットを挙げ「3人の息がぴったりで、アドリブが続くのにびっくりしました 」と振り返った。イベントの最中も主にトークを回していた井ノ原に対し、KREVAとやついの的確なツッコミが度々会場を沸かせ、劇中と変わらぬチームワークを発揮していた。

 またこのほど、場面写真と同時にTen 4 The Sunsのポスターも初解禁。映画公開より一足先に彼らの魅力を堪能できるクールなポスターにも注目だ。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング