東京国際映画祭が開幕

共同通信

 第33回東京国際映画祭が31日、東京都港区の六本木ヒルズを主会場に開幕した。新型コロナウイルス感染防止のため、今年は一般客を集めた屋外での「レッドカーペット」は行わず、コンペティションも中止。11月9日まで世界各地の作品を上映する。

 有楽町の東京国際フォーラムでのセレモニーでは、映画祭をPRする「アンバサダー」の俳優役所広司さんが「スクリーンで映画が見られることが映画ファンにとっては最高のプレゼント。コロナ禍でもみんなで知恵を絞って映画祭を続けられるよう、観客の皆さんと一緒にがんばっていきたい」とあいさつした。開幕作品は武正晴監督の「アンダードッグ」。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング