緩和検証、76%の2万5千人

共同通信

 新型コロナウイルス感染防止策として行われている大規模イベント入場制限の緩和に向け、観客収容による影響を検証する調査を実施中の横浜スタジアム(横浜市)で31日、プロ野球DeNA―阪神の観客は2万4537人だった。定員3万2402人の約76%に相当し、今季セ・パ両リーグを通じて最多の観客。

 神奈川県やDeNAは今回の阪神3連戦で、上限50%を超えた観客を収容。調査が始まった30日は約51%の1万6594人にとどまり、目標の80%に届かなかった。

 今季のプロ野球でこれまでの観客最多は10月4日の甲子園球場(兵庫県西宮市)での阪神―巨人の2万904人だった。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング