『M-1』出場のふぉ~ゆ~・松崎祐介、取材会でボケ要求に照れ 真面目発言に記者「何か一発…」

オリコン

 人気グループ・ふぉ~ゆ~(福田悠太、越岡裕貴、辰巳雄大、松崎祐介)が31日、東京・日経ホールで行われた、主演舞台『放課後の厨房男子 まかない飯とShall we dance?編』の取材会に登場した。

【写真】全力で笑い誘う!変なポーズ?をするふぉ~ゆ~・越岡裕貴、福田悠太

 11月4日まで行われる同作は、舞台『放課後の厨房男子』シリーズ第3弾で、踊って、歌って、料理して…ちょっとおバカで、一生懸命に毎日を生きる男子高校生たちのキラキラ輝く青春を描いた物語。今作は料理&ダンスバトルが描かれる。

 舞台では軽快なダンスと絶妙な言い回しで観客を笑わせた、ふぉ~ゆ~の4人。今回の舞台がシリーズとして最後だそうで、辰巳は「高校生を演じられる場所がなくなってしまうのではないか?という寂しさがありますね…」と寂しそうに打ち明けると、福田は「次やるとしたら、中学生」とボケて場を和ませた。

 無事に初日を迎えた今の心境について福田は「『毎日、これをやるのか~。疲れるな~』という気持ちです。まじか~」、越岡は「このご時世にお客さんが来てくださって、(演技を)見せることができるわけですから、僕たちのパワーを届ければ…う~ん、届けようと思っています」と歯切れの悪いコメントで笑いを誘うと、演出の小林顕作氏から「大丈夫? 不慣れな人達?」とツッコミを入れた。

 ふぉ~ゆ~と言えば、『M-1グランプリ2020』の予選に福田と辰巳による「つ~ゆ~」と越岡と松崎による「おつゆ」の2コンビに分かれ出場している。多くの人を笑わせていることから、舞台を鑑賞した記者から「壮大なコントみたいだった」と言われ、「なるほど~」とニヤリ。だが、舞台上で観客を笑わせることは一苦労のようで、けいこの様子について福田は「今回の第3弾はせりふが多くて…疲れちゃいますよね」、辰巳も「M-1のけいこもやったりするからね」と打ち明けた。

 最後に作品紹介として、松崎は「この舞台はお客さんが来てくださって、空気感などを感じて成立するものだと思っています。一人でも多くの方に笑っていただけたら幸いです」と伝えたが、真面目なコメントにほかのメンバーから「何か用意してると思った」「だんまりしてたから…」と総ツッコミ。

 記者から「何か一発…お願いします」、辰巳からも「M-1グランプリ出ているんだから」とボケを求められて、松崎は苦笑いしながら「料理とかけまして、エンターテイメントととく。(その心は)どっちも、甘く時にはしょっぱいでしょう」とボケたがスベってしまい照れていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング